生前整理とは、老い支度や就活整理とも言いますが、自身が万が一の場合はその相続人や親族などが遺品整理を行います。しかし、遺品整理には大きな手間と時間を要するため、ご遺族に大きな負担がかかります。
膨大な遺品を残して家族に迷惑をかけるよりも、元気なうちに自分自身で整理しておくことが生前整理です。
「子供や親戚には迷惑をかけたくない」と言う方も多く、生前整理をしておくことにより、遺産相続のトラブルの回避にも繋がります。
また、遺書書などで財産の明確な意思が示されている場合でも、遺品整理や家屋の売買等に関する事務手続きを遺言書に意思を示していても法的効力はありませんので、空き家になったまま数十年放置されると言ったこともおきます。

生前整理のやり方


生前整理に限った話ではありませんが、生活をミニマム化するにあたって大切なのは、「いるもの」と「いらないもの」を分けることです。
長年使っていない品や今後使う予定のない品などは「いらないもの」
なかには、使わないけど手放すことができないものもあるかと思いますが、そういった場合は無理に捨てる必要はなく、「かんがえるもの」として保管しておき、半年~1年経ってまた検討するというのも1つの方法です。
もちろん「いらないものは」全て処分ではなく弊社へ買取査定のご依頼を頂ければ出張にて査定をさせて頂きます。

現金(金庫の暗証番号)、預貯金(取引銀行)、土地(課税台帳)、車(車検証)などの財産を目録としてまとめておくことがオススメです。
相続の際には故人の財産調査などに手間がかかるため、事前に目録としてまとめておくと、ご遺族の負担を減らすことに繋がり大きな負担を減らすことができます。

財産に関することで、自分の意思をしっかりと残しておきたいという場合には遺言書を作成しておくことも重要です。
エンディングノートや手紙とは異なり法的効力をもった書面ですので、相続人全員の遺産分割協議の手間が省けたり、相続人が遺産分割方法について悩まなくてすみます。
弊社へご相談を頂けましたら行政書士・司法書士・税理士等による無料相談を受けることができますので、お気軽にご連絡ください。

ポルテの生前整理

お荷物の量や現場の状況などにより料金が前後しますので、下記は目安としてご参照ください。
正式な費用は現場を確認させていただき、内訳を詳細に書いたお見積書をご提示いたします。
4LDK以上のお宅や倉庫の片付けなど、お気軽にご相談ください。

基本料金に含まれる業務内容

ポルテの生前整理サービス基本料金には「仕分け作業費」のほかに「廃棄物処理費」「貴重品の捜索費」「必要品の梱包費」「簡易清掃費」「買取査定費」の費用が含まれています。
買取可能なお品は高価買取させていただきますので、その分の料金が減額できる場合がございます。もしも、お見積り額が他社より高い場合はお申し付け頂ければ即対応いたします。